店長ブログ 浜鮨
ご予約・お問い合わせ 052-651-7491
寿司 寿司 寿司 寿司 寿司 寿司 寿司 寿司 寿司 寿司 寿司 寿司 寿司
TOP 御品書 店舗情報 メルマガ おまかせ寿司 店長ブログ 幹事の悩み 会議室 なごみの会
■プロフィール■
店長写真
   
■おすすめ■

メタボ化する釣具箱
久々に釣道具箱をひっくり返して整理した。



魚によって仕掛けや竿が変わるためにどんどん増えてしまうのだ。

メバル、タチウオ、タコ、スズキ、クロダイなど全て仕掛けが違う。

毎年同じ時期に同じ魚が釣れるのだから、使えば仕掛けは減っていくはずだ。

しかし仕掛けやルアーの流行があったり、
普段釣れない魚が大量に釣れたりすると、
仕掛けがどんどん増える。

仕掛け自体はそれほど高くないため、大人買いもしてしまう。

なるべく買わないようにしているのだが、、、、
決して道具が減ることはない。

新たな仕掛けで釣れるのは魚ではなく、自分であることを自覚すべきだ。


| http://www.hama-sushi.jp/blog/index.php?e=417 |
| 店長の独り言 | 12:00 AM | comments (x) | trackback (x) |
優しいタクシードライバー
仕入れの途中、
客待ちをしていたタクシーの運転手さんが
トランクからジョウロを出して周辺の花壇に水をかけていました。



このタクシーの前には、個人タクシーが1台待っていて、
そのドライバーはタバコを吸っていた。

信号がかわってしまい、吸殻をどうするか、
見届けることは出来なかったが、、、、、

あなたなら、どちらのタクシーに乗るだろうか

| http://www.hama-sushi.jp/blog/index.php?e=416 |
| 店長の独り言 | 02:59 AM | comments (x) | trackback (x) |
配達も命がけ?
時々、停泊している船にお寿司や弁当を配達するのだが、



寿司を持ってタラップを渡るのは結構怖い。

隙間からは海面が見えるし。




でも、もっと怖いのは、タラップがなくて、
岸壁から直接、船に飛び乗る時だ。

寿司を持っているから、大胆に飛べないし、
デッキが水で濡れていたりすると、滑ってしまう。

細心の注意をして渡らないといけない。

寿司や弁当をひっくり返すのも嫌だし、海に落ちるのは、もっと嫌だし。

念のために、スマホの他に防水のガラケーも持っているけど、、、。

今のところは、配達で海に落ちたことはないです。
(釣りで滑って海に落ちたことはありますが)

今日は、飛鳥も停泊しています。



| http://www.hama-sushi.jp/blog/index.php?e=415 |
| 店長の独り言 | 02:55 PM | comments (x) | trackback (x) |
さかなクン、来店
さかなクンが、名古屋港水族館に行く途中に、ご飯を食べに来てくれました。




ノベルティーグッズも頂きました。



名古屋港水族館に「いしがきフグ」を届けるとのことです。ぜひ、さかなクンのフグを見に行ってくださいね。




| http://www.hama-sushi.jp/blog/index.php?e=414 |
| 店長の独り言 | 09:41 AM | comments (x) | trackback (x) |
3/11 なごみの会「東北応援2017」開催します
2/18は新酒の会を開催しました。
生原酒でアルコール度も高いので、
多少余るとおもっていましたが、
まさか完飲なるとは思いませんでした。

なごみの会のメンバー恐るべし。
次回はもう少し多くのお酒を用意します。

さて、次回のテーマは「東北応援」です。

飲んで食べて東北を応援しましよう。
多めにお酒は用意します。
余ったら、オークションで皆様に購入していただき、
その売上は赤十字に寄付をします。

開催日時は下記の通りです。

 記

・会場   浜鮨
・開催日  3月11日 土曜日  受付 6:15~
開宴 午後6:30から9:00(終了)

・参加費  6000円程度
(料理代4500円+酒代 参加人数割(一人1500円程度)

・定員   24名  
(定員に達し次第、申し込みを終了させて頂きます)

申し込み、お問い合わせは 店長 竹川まで
TEL 651-7491

なお、なごみの会は完全予約制ですので、事前に浜鮨にて
お申し込みください。当日はご予約の方のみの受付となります。

過去のなごみの会の様子は 浜鮨ホームページをご覧ください。


| http://www.hama-sushi.jp/blog/index.php?e=413 |
| 店長の独り言 | 10:32 AM | comments (x) | trackback (x) |
怒涛の日本酒の会 月間 
2/18から4週連続で日本酒の会を開催しております。

2/18 なごみの会 「吟醸新酒2017」
2/25 みのはま会「新酒、生原酒を飲む2017」 第1回
3/4  みのはま会「新酒、生原酒を飲む2017」 第2回
3/11 なごみの会「がんばろう日本 東北の日本酒で応援2017」

毎回、20名様以上の方にご参加いただき、とても感謝です。



3/4と3/11につては、まだ数席の余裕がございますので、ご希望の方はご連絡ください。


| http://www.hama-sushi.jp/blog/index.php?e=412 |
| 店長の独り言 | 09:54 AM | comments (x) | trackback (x) |
足が冷えて寝れないときは
毎日寒い日が続いていますが、
皆さんは、足が冷えて寝れないってことはありませんか?

お風呂から出てすぐに布団に入れば、まだしも、
少々時間をおくと足が冷たくなって
なかなか寝付けないことが、私もあります。

無理に寝ても、なんとなく寝不足です。

そこで、私が愛用しているのは、「電気あんか」です。
少々レトロな感じですが、侮れません。



しばらく使っていなかったのですが、久々に使ったところ、すこぶるいい感じです。

さらに、「電気あんか」は経済的です。

10時間の電気代は約2円でスイッチ一つで温かくなります。

湯たんぽに比べ、手間もかかりません。

熱いと感じた時は、足から離せばいいだけです。

ぜひ一度、お試しあれ。




| http://www.hama-sushi.jp/blog/index.php?e=411 |
| 店長の独り言 | 11:15 AM | comments (x) | trackback (x) |
【そのガサガサの手、1日で治します】
芸能人は歯が命といいますが、
調理師は手が命。

ガザガザの手は衛生的でもないし、
本人も辛い。

そこで、私がやっている手荒れを
早く治す方法を書きます。
用意するのは、

ハンドクリームとポリエチレンの手袋

やり方は簡単。

お風呂上りにハンドクリームを塗り、手袋して寝るのだ。



しばらくすると、手袋の中は蒸れ蒸れになる。
我慢できる範囲で、我慢する。
寝ている時に、取れてしまっても大丈夫。

翌日は手がしっとりする。

これを数日、続けると
ガザガザの手もツルツルになる。

一度、お試しあれ。

| http://www.hama-sushi.jp/blog/index.php?e=410 |
| 店長の独り言 | 04:09 PM | comments (x) | trackback (x) |
【 仲卸はスペシャリストだ 】
初競りの時は、毎回、大間のマグロが話題になりますね。



あの映像を見ていると寿司屋の仕入れは市場で「せり」をやって買ってくるイメージだが、それは間違いだ。

「セリ」で魚を仕入れるのは、仲卸の魚屋さんだ。

あのマグロを競り落とした寿司屋さんも仲卸の魚屋さんに依頼をして、マグロを買ってもらうのだ。

また、その仲卸の魚屋さんはどんな魚でも扱っているわけではない。

貝類を扱う店、マグロを扱う店、活け魚を扱う店、川魚の店など、お店によって売っている商品が異なる。

つまり、その魚の専門店、プロなのだ。

だから、彼らは我々以上に目利きだ。

さらにその魚の情報も多く持っている。

彼らを信頼し、良い人間関係を作ることが
結局は良い魚を仕入れることにつながる。


| http://www.hama-sushi.jp/blog/index.php?e=409 |
| 店長の独り言 | 10:39 AM | comments (x) | trackback (x) |
【 料理は家庭科ではない。理科と美術だ 】
料理を作っていてつくづく思うことは、

【調理は理科だ】

と。



たとえば、魚をさばくのは、

【解剖】だ。


要は観察用にするか、食材用にするかである。

両方とも、骨の位置や内臓の位置を知っていないと上手にできない。



また、味付けは決まった割合で、調味料を加える。

人間の舌だけに頼らず、

レシピ(つまりデータ)も重視する。


これは、

【化学の実験】

だ。


さらに、

【化学反応】

を利用した調理法もたくさんある。

また、

【物理的な変化】

を利用することもある。

衣のとぎ汁の沈み具合で油の温度を確認するのはその一例である。


結局のところ、

【調理は理科なのだ】




ただ、

あまりにも科学的に作った見栄えを気にしていない

「調理」は「料理」とは言えない。



そもそも

【美味しそうではない】



いくら決まった割合で作っても、

人間の味覚は

【 曖昧 】

である。



だから、


【見た目がとても大切】

である。



芸術的に盛り付けることで、色や形で表現すること、

体感、食感などわかりやすい要素を増やすことで、

料理は美味しくなるのである。



実際、味の8割が

視覚情報

とも言われる。


そのように考えると、料理というのは、

【理科と美術】

なのだ。

皆さんはどう思いますか?



| http://www.hama-sushi.jp/blog/index.php?e=408 |
| 店長の独り言 | 11:50 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑
■最近の記事■
■カテゴリ■
■アーカイブ■
 
 
ADMIN ID:
ADMIN PW:
Copyright © 2004-2016 HAMASUSHI All Rights Reserved